お年玉の扱いはどうするのがベスト?

お金に関すること

子どもが小さいうちは、いただいたお年玉、もしくはあげたお年玉は自分が預かっていました。

 

 

そんな子ども達も、小3と小1と大きくなり、お金の扱いも少しずつ学んでいます。

 

 

少しずつ、お金を自分で管理したり、使ったり、時には失敗したりする体験をしています。

 

 

そこで、今年はお年玉の扱いをどうしようかなぁと悩んでいます。

昨年は、預かったお金と今までのお祝いなどでいただいたお金を合わせてジュニアNISA口座に入れました。

今年も同じようにしてもいいかなと考えたのですが、そろそろ自分たちの意思も尊重していこうかなという思いが出てきたのです。

 

 

 

そんなことを考えていたら、厚切りジェイソンさんの本でお子さんへの金融教育の話題が出ていました。

お年玉を親が預かり、年利10%で運用してるつもりで、1年経ったら利息をあげる。

そうして、お金がお金を生むということを実感できると。

 

 

なるほど。

なかなかいいアイディアをもらった!と思いました。

ただ、我が子たちが理解を示してくれるかどうかが問題。

利息が付くという感覚。

まあ、とりあえず、試してみようと思います。

 

 

それから、お金を使う力も育てていきたいので、お年玉の何割かは自分たちで管理させてみようかと。

 

 

 

まとめると・・・。

①1年間、父ちゃん証券に預けると1年後、10%の利子が付く。

②お年玉の10%は自分で考えて使う&管理する。

 

ってな感じのシンプルなルールで。

 

 

さて、これでどうかな?と子ども達に話してみたところ。

 

 

 

あっさりOK!

 

 

 

OKというよりも、あんまり興味が無さそうな感じでしたね(笑)

 

 

まあ、とりあえずやってみよう!

1年間。

 

 

何か途中で変更や面白いことがあったら報告しますね!

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

いつも見て下さっている方々、今年もどうぞよろしくお願いいたします